婚姻届を出すタイミング

ちょっと古い話ですが、会社の同僚が結婚をしました。
東京の有名なホテルの結婚式場で盛大に披露宴が催されました。その式場にはきれいな芝生の庭が隣接していて、新郎新婦と招待客がお酒を飲みながら談笑も楽しめました。
さて、そんな披露宴が済んで、ハワイの新婚旅行に行った同僚は、また普通に職場に戻ってきました。
式からひと月ほど経ってから、同僚が昼食時にふと口にした言葉に、我々仕事仲間は驚きました。
「来週、結婚届を出したいので、有給取ろうと思ってるんですよ」
「えっ!まだ、婚姻届を出してないの?」
「披露宴のあと、新婚旅行に行って、そのまま平日は会社ですから、届けに行く時間がなくて」と同僚。
そこで我々は、その同僚に、婚姻届は全国どこの役所でも、夜間、休日関係なく受け付けてくれることを説明したのでした。
最近ならば(昔からかもしれませんが)、結婚する二人が自分たちの記念になる日に婚姻届を提出して、それから披露宴の準備をしたり、結婚式の前日や当日に婚姻届を提出するというのが、普通のようです。
その同僚は、我々から「内縁の妻との暮らしがうらやましい」とからかわれた挙句、
自宅に帰ってから、奥さんに「現在、試用期間中だから」という冗談を言い、その冗談が通じずにしばらく口を聞いてもらえないと、泣き言をいう羽目になったのでした。