結婚式の服装

この度、会社の若い同僚から結婚式の案内をいただきました。いま和婚が選ばれている理由に書いてあるような理由に共感したのか、和婚を行うそうです。
式と披露宴の両方に出席してほしいとの内容でしたので、「喜んで出席させていただきます」と返信ハガキを投函しました。
さて、とここで考えました。
久しぶりの結婚式への参加です。しかも20歳以上も若い同僚の結婚式です。
どんな服装で行けばいいのでしょうか?
基本的には略式の礼服、いわゆるブラックフォーマルスーツに白いネクタイ、あるいは、ダークスーツに白を基調とした明るいネクタイでいいと思っていますが、最近の傾向はどうなのでしょうか?
昔の発想では、燕尾服やタキシードがより正装であることには間違いがないのですが、新郎より目立つ格好はNGですから、ブラックフォーマルスーツが妥当だと考えます。でも、今の若い人やあるいは最近の結婚式は、もっとラフな服装でもいいのでしょうか?案内状の中に「平服でお越しください」とあったので、余計に変に考えてしまいます。
常識から考えると「平服でお越しください」とは正礼服(先に書いた燕尾服やタキシード)でなくて、略式礼服でいいよ、ということのはずなのですが。。。
若い人たちの間でも「平服」はその意味で通じているのかどうか心配になるわけです。(自分は十分にオジサンなので)
結婚式に行ってみたら、新郎新婦の若い友人たちが、ジーンズやジャージ、メイド姿の衣装だったらどうしよう、としょうもない想像をしてしまうのでした。